小確幸な毎日  ~SYOUKAKKOU NA MAINICHI~


『小確幸』とは、村上春樹さんのエッセイに出てきた言葉で、『小さいけれど確かな幸せ』という意味。毎日の暮らしの中でみつけた『小確幸』をつづる日記です。
by cony-yan

めざせバイリンガル

こんにちは。こにやんです。




今月から、週3日のペースで10時〜1時の3時間、
ジュニアを近くの幼稚園の保育コースに預けることになりました。
今日で3日目です!



1日目は何がなにやらわけがわからなかったようで、3時間のうち半分以上泣いていたとのこと。
2日目はさらにひどく、ほぼ3時間ぶっ通しで泣いていた模様・・・
3日目の今日は、登園時に門の前で気づいたらしく、号泣して大暴れ。



どうなることかと思いましたが、今日お迎えに行ってそ〜っと教室をのぞいてみると、
おとなしくお友達と一緒に輪になってイスに座っていました。
ちょっと馴れてくれたようでひとあんしんです012.gif



しかし窓越しに私と目が合った瞬間、叫び声をあげて号泣!
見たこともないスピードで走ってきたので、こっちまで涙がでそうになりました007.gif
よっぽど疲れたようで、この3日間、お家に帰ってから5時間もお昼寝をしています005.gif



それでも、給食の時間だけは初日から泣かずに完食しているそうで・・・
『最初は食べられない子が多いんですけど・・・ジュニアくんはすごいね〜』
と、先生にもお褒めの言葉をいただいてしまいました。さすがは我がジュニア(苦笑)






ここの幼稚園は全カリキュラムを英語でおこなっていて、
担任もネイティブの先生と、日系の先生、日本人の保育士さんと3人体制でついてくれています。
もらった初回教材もかわいくて感激♪
e0155815_16305345.jpg

あまり早くから英語を覚えさせると、日本語がおかしくなってしまうのでは・・・?
という心配もあったのですが、英語と日本語がごちゃ混ぜで出てくるのは3歳くらいまでで、
幼稚園に入る年頃には、話す相手によって使い分けられるようになるそう。



その頃には英検4級どまりの私なんてついて行けなくなってるんだろうな015.gif
夢はジュニアの通訳でいく海外旅行!(小さい・・・)
まだ日本語もままならないのに、英語を話す姿はちょっと想像しがたいですが、
どんなになるのか楽しみです016.gif






さて。預り保育となると、水筒や給食セットやスモッグと、揃えないといけないものがたくさん。
先月末はそれらのお買い物で大忙しでした。



やっぱりアンパンマンやトーマスがいいのかな・・・と思いつつも、
キャラクターものにどうも食指が動かない私。
結局ほとんどを無印良品でそろえてしまいました。地味好きな母でごめんね、ジュニア015.gif
e0155815_1648105.jpg
スモッグはシンプルなものが見つからず、結局手作りしてしまいました(笑)
e0155815_1649949.jpg
こころなしか、ちょっとお兄ちゃんに見えるよう012.gif





そして、持ち物全部に名前を書かないと・・・という、けっこう大変な作業。
私はCASIOのネームランド ↓ と、お名前はんこで乗り切りました!

水に強い強粘着テープやアイロン接着テープ、熱転写テープなど、
テープの種類がいろいろあるのでほとんどの記名がこれで済みました♪
後々おさがりで誰かにあげることもあるかもと思うと、やっぱり剥がせるのがべんりですよね。
ちなみに私は透明タイプのテープがお気に入りです♪



それからお名前はんこ。おむつなどの消耗品にはこれでぽんぽん。
ネットで単品注文で購入しましたが、ここのお店は安かったのでオススメです↓
http://www.rakuten.co.jp/ishimatsudo/





ちなみにジュニアが心配なダンナさま、毎日送り迎えのたびに電話をかけてきています(笑)
ジュニアもつらいですが、送り出す親も断腸の思いです(大げさですが・・)
すぐに馴れて笑顔で登園できる日がくるからね。それまで頑張ってね、ジュニアくん!!





[PR]
by cony-yan | 2009-11-05 17:19
<< おっぱいバイバイ・・のお約束バイバイ 動物園にて >>


以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧